■看護部長ごあいさつ
  見附市立病院看護部長の早川綾子です。見附市立病院看護部のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 当院は「市内に病院が欲しい」という市民の願いから設立された病院であり、「信頼され愛され、地域と共に歩む病院」を理念としています。
 そして、看護部理念は「患者様や地域との連携を密にし、看護活動を通して地域に貢献します」を目指して、患者様やご家族様が地域で安心して暮らすことができるように急性期から慢性期、在宅療養支援まで一貫した医療・看護を実践しています。
 
当院では受け持ち看護師が中心とした「退院支援システム」を構築し、退院支援看護師、地域医療連携室の相談員と協働した退院支援に取り組んでおり、看護師のやりがいにつながっています。中小病院だからこそ取り組める様々なことに積極的かつ楽しみながらチャレンジできるよう、また、お互い様の職場環境づくりを実現していきたいと思っています。


看護部長

早川 綾子
■看護部理念
  私達は、患者さまや地域との連携を密にし、看護活動を通して地域に貢献します。
■看護部基本方針

  
  1)多職種と連携し、患者様の尊厳を大切にした質の高い看護を提供します
  2)患者様が安心できるように事故のない安全な看護を実践します
  3)専門職として看護実践能力の向上に努め、働く喜びのある看護を実践します
  4)職員一人一人が経営意識をもって経営改善に努めます
   

 ●看護体制
   1.看護体制  急性期入院基本料4  10対1
   2.看護単位
     一般病床71床、地域包括ケア病床18床
     1)3階病棟:内科・整形混合病棟(一般病床22床、地域包括病床18床)
     2)4階病棟:内科・外科混合病棟(一般病床49床)
     3)手術・中央材料室、外来、内視鏡室
     ※老人保健施設、ケアプラザ見附
   3.看護提供方式:継続受け持ち制固定チームナーシング(一部機能別) PNS試行中        
   4.勤務体制
     ・病棟:3交代・2交代の希望制
     ・外来:日直、当直あり
   5.勤務時間、夜勤回数
     ・3交代勤務の場合:8回/月
         深夜勤:  0:30〜 9:15
         日  勤:  8:30〜17:15
         準夜勤: 16:30〜 1:15
     ・2交代勤務の場合:4回/月
 ●福利厚生
1)育児休業 2)育児時間 3)年次有給休暇
職員宿舎外観
4)療養休暇 5)特別休暇(忌引き・婚姻・産休・育休)
6)職員宿舎 〜正職員対象。単身・家族用の職員宿舎があります。
 ●働くママさんを応援します!
子育てと仕事に頑張っているママさん看護師です。

働く時間は 8:30〜15:30、8:30〜16:00、8:30〜16:30 など様々です。

○当院に来てよかったこと
  ・定時に帰れる。皆さんが帰れるように声をかけてくれる。
  ・生活にメリハリがある。
  ・看護の仕事が出来て嬉しい。

 このほかにも子育て支援(正規雇用)で夜勤免除や部分休業を利用し、イキイキと働いているママさん看護師がいます。
 働きやすい職場を目指していますので、子育て中の方だけでなくブランクがあるけれど少し働いてみたいなあと思う方歓迎です。
■教育プログラム
1) 新採用者教育
 ・新採用者が安心・安全に業務が遂行できるよう「チームサポート制」の支援体制での教育を行っています。
2) 採用時4日間研修
 新規採用者については、新卒・中途採用ともに4日間の研修を行い、新しい環境での看護をサポートします。
3) 教育年間計画
 詳細はこちら
4) キャリア開発
 当院では看護師の「人材活用」と「能力評価の根拠を示す(人事考課)」ことを目的とした「ジェネラリストのためのキャリア開発ラダー」を実施しております。
 看護は、患者対看護師という「ひと」と「ひと」の関わりです。質の高い看護を提供するためには、単に看護師の人材育成、教育という考え方だけでなく、「個々の看護師が個人のライフサイクルに応じた能力を発揮し、組織の課題との統合を図りながら、職業を通して自己実現に向けた活動を行う」考え方で取り組みを始めています。
 右図をクリック。

 各種認定取得や進学、外部研修の受講、学会発表を積極的に支援します。
 また、指導者、看護管理、輸液管理、皮膚排泄ケア、感染対策実践などの院内研修を行っています。
 なお、准看護師から看護師資格取得者には、キャリア支援を行います。
5) 看護研究発表会
 年1回 院内発表や院外発表に挑戦しています。日ごろの業務について、疑問なところを調べ研究的視点でまとめています。
6) 院内救急研修
 ”あっ!どうしよう!いざという時のBLS!あなたが命を救う!”一時救急法 講義・演習
7) 地域との連携
 当院では地域との連携に積極的に取り組むために、退院支援システムを構築しています。
 受け持ちの看護師が中心となり、地域医療連携室の医療相談員と退院調整看護師と連携し、退院支援を行うシステムです。入院早期からカンファレンスを実施、入院時から退院後の生活について、患者さま・ご家族のご希望を伺い、安心して退院し、その人らしい生活ができるように支援を行っています。
■雇用条件
 看護師募集中!
 
(正職員・臨時職員・夜勤専属者・休日出勤のみ希望者も可)
            ※短時間パートなど相談にのります。ワークライフバランスを推進しています。
□各部署の紹介
 ●外来・手術室・内視鏡  

 外来診療科は、内科・神経内科・脳外科・整形外科・外科・形成外科・小児科があります。
 病院理念に基づき「地域に根差した病院」を目標に、外来では高齢者を対象に、在宅療養支援に力を入れています。院内をはじめ地域の方々と連携を図り、患者さまやご家族さまが安心して在宅で生活が送れるように支援を行っています。

 内視鏡は胃カメラや大腸カメラを行っています。
手術は胃や大腸などの外科手術や、皮膚腫瘍や巻き爪などの形成外科手術を行っています。内視鏡室も手術室も特別な環境ですが、患者さまの安全を第一に、少しでも患者さまの緊張を和らげて検査が受けられるよう心がけています。



 ●3階病棟  
  
 内科・整形外科の混合病棟で40床のうち18床が地域包括ケア病床です。
 内科では肺炎・心不全による急性期〜慢性期の患者様が多く、整形外科では他病院で急性期を過ぎ、リハビリを行う紹介患者様の受け入れも行っています。

安心して在宅復帰できるように、医師・受け持ち看護師・リハビリ(PT・OT・ST)・MSW・退院調整看護師、介護福祉士と地域のケアマネージャー、訪看、施設スタッフが協力して退院支援を行います。

 患者様・ご家族様の不安に向き合い、十分な話し合いの場を持ち、退院前訪問も実施しています。
 
地域包括ケア病床とは、下記を目的に最長60日以内の入院が可能な病床です。
@急性期からの患者の受け入れ機能
A患者の在宅・生活復帰機能(レスパイトを含む)
B緊急時の患者受け入れ機能 
 ●4階病棟  
 
 内科・外科の混合病棟です。 外科は、消化器外科の手術を受ける患者様が入院されています。
 QOL向上のため、手術への不安軽減、合併症予防、早期リハビリテーション看護に力を入れています。 そして、一人一人に合った退院支援を行っています。また、ターミナル期の患者様の緩和ケアに取り組んでいます。

 チーム医療で患者様に寄り添い、支えることをモットーにしています。 スタッフ一同、支え合い、学び合い、愛あふれる病棟です。

 
 ●地域医療連携室  
 地域医療連携室では、、市内の診療所や長岡・三条の病院や福祉施設、医療機関と連携し、患者さまの受診や入退院がスムーズにできるように調整しています。
また、病気や怪我に伴って様々な問題が生じた時、患者さま・ご家族が、その状況からうまく乗り越えらえれるように相談にのっています。
 そして、地域医療連携室の医療相談員と退院調整看護師は、入院時から退院後の生活について、患者さま・ご家族のご希望を伺い、安心して退院しその人らしい生活ができるようお手伝いさせて頂きます。
 そのために、当院では病棟の受け持ち看護師が中心に退院支援を行う「退院支援システム」を構築し、地域医療連携室と連携してします。
必要であれば、退院前訪問や退院後訪問で患者さまのお宅を訪問し、在宅で安心して過ごすための支援を行っています。いつでも気楽にご相談ください。
 
 ●老人保健施設ケアプラザ見附  
  ケアプラザ見附は、リハビリ・介護を中心とした医療ケアを通し多岐にわたりご利用者様の自立や家庭復帰、家庭介護を支援しています。 
 
 
□救急認定看護師の紹介

救急看護は今後の予測を立て、また状態悪化を予防することが必要とされます。

そのためには、フィジカルアセスメントやエビデンスに沿った医療・看護の提供、さらに家族看護も重要です。

今後は院内だけではなく、地域の救急医療の向上の一助となる活動を行いたいと考えています。

 
志田朝幸
 
■ワークライフバランスの推進
 多様な勤務形態の導入(夜勤専従、常日勤、働く時間や週に何日働くか自由に選べるパートタイマーなど)。
 ライフサイクルや個人が優先したい多種多様なニーズに合わせた配属部署選定。
□インターンシップのご案内

見附市立病院の看護を体験してみませんか?  


⇒看護系の大学及び専門学校で、

 平成32年または平成31年卒業予定の方


詳しくは、右の画像をクリック⇒

又は、以下のPDFファイルをご覧ください。

internship.pdf (102KB)
■その他
 ・病院祭(毎年秋に開催)
 ・中学生・高校生職場体験受入れ
申し込み・問合せ

 見附市立病院
  〒954-0052 新潟県見附市学校町2丁目13番50号
  担当: 看護部長 早川綾子
  TEL 0258-62-2800 FAX 0258-61-1700
  E-Mail : mitsuke-hospital@city.mitsuke.niigata.jp