見附市立病院

見附市立病院トップページ
新着情報
病院案内
診療案内
患者さまへのご案内
院内情報
医師募集
看護師募集
お問合せ
リンク集

診療のご案内

内科・神経内科外科形成外科乳腺外来整形外科放射線科看護部

放射線科

当科では、色々な画像診断装置を使って、診断や治療に役立つ画像を得られるように最善を尽くしています。

担当医

放射線科医長 三浦 惠子

院内の患者さまのCT,MRI,超音波検査を行っております。
その他に放射線科外来では、他の医療機関からの画像診断の依頼をお受けする画像診断連携を行っています。「かかりつけ医はいるけれど、心配な症状があるのでCTやMRIで調べて欲しい。」このような方にお奨めです。
完全予約制なのでお忙しい方にも受けていただくことができます。

日本医学放射線学会認定専門医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定医
日本放射線腫瘍学会

使用機器の紹介

1.磁気共鳴画像診断装置(MRI)

東芝 Vantage Titan 1.5T/i
H25年3月導入

腰痛、上肢痛、下肢痛、しびれ、膝や股関節痛の痛みなどの整形外科の疾患、脳梗塞や脳出血などの頭の病気、胆石症、肝臓腫瘍などの腹部の病気、子宮・卵巣などの婦人科の病気の診断が役に立ちます。放射線を使わないので被ばくはありません。検査中は大きな音が響きます。所要時間は、10分〜60分位です。

2.コンピュータ断層装置(CT)
コンピュータ断層装置(CT)

GE横河 Bright Speed

全身画像に対応でき、短時間で撮影できるので、脳出血や外傷など緊急時の撮影に最適です。胸部単純写真で影があると言われたら、CTで精査しましょう。腹痛や腹部腫瘤の精査にも役立ちます。メタボリック・シンドロームに関連して、内臓脂肪測定も行っています。所要時間は、数分です。

3.コンピューテッドラジオグラフィ(CR)
コンピューテッドラジオグラフィ(CR)

FUJI FCR Profect CS

デジタルX線写真を作成します。色々な画像処理が可能で、明瞭かつ有用な写真が得られます。また、高精細画質を要求されるマンモグラフィーにも対応しています。

4.乳房撮影(マンモグラフィー)装置
乳房撮影装置(マンモグラフィー)

GE横河 Senographe 800T

集団検診や精密診断に対応できる装置です。必要に応じて拡大撮影なども撮影します。

5.骨密度測定装置

TOYO MEDIC B-Cube

DXA法による前腕骨専用骨密度測定装置です。
測定時間は約15秒です。

トップページ新着情報病院案内診療案内患者さまへのご案内院内情報医師募集看護師募集お問合せリンク集

見附市立病院
〒954-0052 新潟県見附市学校町2丁目13番50号
TEL 0258-62-2800 FAX 0258-61-1700
内科・神経内科、外科、形成外科、乳腺外来、脳神経外科、整形外科、小児科、放射線科

◆このサイトに掲載されている画像・文章などの無断使用はご遠慮ください。

Webデザイン